Site menu:

タイムカードは企業にとってメリットがある

企業にとって、従業員がどれだけの時間勤務しているのかを把握するのは、給料を計算する上で大事になってきます。特に時給制の場合は、時間によって給料を計算する必要がありますので、タイムカードを使用していくのは企業にとってはかなりメリットがあります。ですので、時給制の所のほとんどがタイムカードを使用して、誰がどれくらい働いているのかを把握しています。また、他にもメリットがあります。それが、誰が何時から働いて、何時に退勤したのかも分かります。誰が会社で働いているのかを把握する上で大事になってきます。このように、このカードを使用していくといくつかのメリットがあり、活用の価値があります。ただ、大事になってくるのが各従業員がきちんと毎日タイムカードを使用する事です。もし、従業員がきちんと使用していないですと意味がなくなってきます。

タイムカード導入の是非について

タイムカードを会社の勤怠管理に導入するかどうかは常に経営者の頭を悩ませる課題の一つです。このシステムを導入すれば、確かに経営者サイドからは従業員の勤怠管理に重宝しますし、残業時間の管理にも使えます。しかし、従業員サイドから見ればタイムカードを入れなければ従業員を信用できないのかという不信感のきっかけにもなりかねません。従業員もこのシステム導入でいつも管理、監視されている雰囲気にもなりかねませんので、それに不満を持ってもっと働きやすい環境を求めて転職してしまう従業員も出てくる可能性もあります。これにその会社に労働組合があればさらにその取り扱いを巡って色々な問題が生じます。これといった正解がないのがタイムカード導入に関する答えです。ただ必要なことは、どのような制度にも常に良し悪しはありますので、経営者も従業員も相互に協力しながら、制度の導入をよりいい方向で改善していく努力が必要なことはいうまでもありません。

勤怠管理を行うタイムカード

使用者には、労働者の安全衛生を確保する義務がありますが、これの一環として労働者の勤務時間を適切に関する義務があります。残業時間を把握し、きちんと残業手当を払うという目的と、長時間労働でないかを把握し、労働者の健康状況に配慮するといった目的のために行われています。このため、タイムレコーダーが導入されました。出勤時刻、退勤時刻をタイムレコーダーに通して打刻するのが、タイムカードです。最近は、タイムカードの集計業務が月末に負担になったり、あるいはタイムカードの打刻を同僚社員に頼むといった不正もあるため、ICカードや指紋、指静脈などの生体認証方式のもの、パソコンの起動時間、終了時間で勤怠管理を行ったりする例も増えています。ただ、こういった新しいシステムの導入には費用がかかるため、現在でも紙による勤怠管理が主流になっています。

J-MOTTOのワークフローサービスはクラウドだから簡単に導入ができ、使いやすく機能も充実しています! J-MOTTOが開発したワークフローサービスは簡単な操作で、スピーディーな申請・承認業務を実現します! デスクネッツは国内最大級の導入を誇るASPクラウドサービスです! WEB給与明細サービスは1ユーザーあたり月額100円の低価格でご利用可能です! タイムカード管理を簡単にしたいならJ-MOTTOへ