Site menu:

人事担当者のための勤怠管理システムとは

従業員の数が増えれば増えるほど大変になる事と言えば、勤怠管理でしょう。しかも大きな会社ともなれば、正社員もいればパート社員もいて、さらにアルバイトまでいてということになって、雇用形態すら統一されません。こうなると月給で給料をもらう人から、時間給で給料をもらう人もいて、その上、時間給は人によってばらばらで、となると、もはや人の手で管理できるものではありません。それを解決するのが、専用に開発された勤怠管理ソフトやシステムです。タイムレコーダーに対応して給料計算までやってくれるものもありますし、正社員の場合なら残業代の計算に対応します。人事担当者にとって給料の支払いという大事な仕事のためにはなくてはならない必須ソフトであり、システムではないでしょうか。おそらく、これがなければ勤怠管理はままならない、というところも多いはずです。

人事担当者に求められる勤怠管理とは

職場における勤怠管理は、誰がいつ、どの時間帯に入るかの勤務計画表の作成です。その後、その通りに出勤時間にタイムレコーダーを打刻して入っているか、計画通りの時間に仕事を終えてあがっているかなどを確認していく作業は、各部署ではできません。勤務シフト表については、仕事の内容や人員数、スタッフの能力などを判断して各職場で作ることになると思われますが、それを会社全体で管理するところは別に必要です。どこの会社でもおそらく、勤務シフトが作成されて提出されたあとの管理は、人事ですべて行われていることでしょう。すべての社員の出勤状況を確認し、それを給料に反映させるという作業は、とてもではありませんが、人力では無理だと思われます。そのため、勤怠管理のソフトやシステムを導入して、効率よく、そしてミスなく取り組むことが求められます。

新しい勤怠管理システムの導入

勤怠管理とは従業員が何時に出社をして何時に退社をしたかというのを管理することをいいます。これだけではなく休日や有給などすべての管理を含めて勤怠管理といいます。一番代表的なものにタイムカードがあり、出社をしたら機械にカードを通して時間が印字されます。退社する時も同じです。使ったことがある人も多いのではないでしょうか。しかしタイムカードは集計する時に、人の手に頼らないといけないということがあります。従業員が多くなるとこれだけで膨大な作業時間がとられます。しかし勤怠管理も進化をとげており、ICチップや指紋認証などが導入されています。これらのメリットとしては従業員の管理が簡単に出来るようになり、今まで膨大な時間がかかっていた集計を短縮できるようになりました。少しでも手間を省いて効率よく働くために、導入する価値はとてもあるでしょう。

勤怠管理システムで経理の仕事を効率化! タイムカードを使って勤怠管理をおこなっている企業様、作業効率を高めるために弊社インターネット勤怠管理がオススメです! 管理のワークフローも豊富で業務効率アップ!煩雑な申請書類は全く必要ありません。 ご不満な点がございましたら、お電話でもメールでもお受けしておりますので、ご相談頂き迅速に対応させていただきます。 中小企業、ベンチャー企業のお客様、ぜひ弊社のインターネット勤怠管理をご利用下さい。