名古屋の結婚式場にはどんな種類があるか

今は結婚式場もさまざまなタイプがあります。これから名古屋で結婚式を行うなら、まずは結婚式場を決めなければなりません。人気のある日取りは早く予約が埋まってしまうので、この日までに式を挙げたいという希望が決まっているなら、なるべく早く動くようにしましょう。予約は1年前から受付するというところも多いので、早く準備を始めるに越したことはありません。まずは、どんな結婚式を挙げたいのかを2人でよく話し合います。神前式で行うのか、チャペルで行うのか、人前式にするのか、ゲストはどれくらいお招きしたいのか、自分達の結婚式にはどんな演出を行いたいのか、などです。さまざまな希望を出し合った中で、予算なども考慮しつつ、参加して下さるゲストの都合なども考えつつ式場を考えていきます。

それぞれの式場の特徴を知りましょう

名古屋にある結婚式場を分類すると、大きく分けて4種類のタイプに分かれ、それぞれ特徴があります。ホテルは、宿泊施設としての役割もあり、宴会やパーティー部門なども充実しています。大人数を収容できるスペースも所有していることが多いため、ゲストをたくさんお招きしたい場合に向いています。空間も広く取られており、ラグジュアリーな雰囲気の中でゆったりとした挙式を行うことができます。遠方からのゲストをたくさん呼ぶ場合も、前日の宿泊の手配を一緒にできる便利さもあります。専門式場は、それぞれ個性的な特徴を持ちます。整えられた広い庭園を有していたり、ヨーロッパのお城のようなチャペルを備えていたり、結婚式を行うために建てられているので、結婚式も披露宴も快適に行うことができます。

自分達らしさを出せる会場の選び方

名古屋のレストランでは、結婚式を行えるところもあります。元々美味しい料理を食べさせることを目的としている施設ですので、ゲストに美味しい料理を味わってもらうことができます。通常の式場などとは違い、引き出物や衣装の持ち込み料金なども必要としない場合が多いので、自分達の好みの衣装や引き出物を自由に選ぶことができます。施設自体がそれほど大きくない場合が多いので、少人数のゲストをお招きしたい場合に向いています。アットホームで新郎新婦とゲストの距離が近い温かい挙式が行えます。ゲストハウスは、郊外などにある一軒家を貸し切って結婚式を行うことができます。1日1組の貸し切りにしているところが多いため、料金は少し高めですが、敷地内をすべて利用できるので、自分達の理想の形の結婚式を行うことができます。